Hamster-Santa
〜マウスポインタを写真に乗せるとハムスターがしゃべる日もあります〜

「燈花会とペルセウス座流星群」

出かける前の砂の状態

先日、1泊2日で『小旅行』へ行ってまいりました。
『旅行』とはいっても、実際は24時間後には帰宅。

ちまきはまたまたお留守番ハムとなったのであります。


この『小旅行』には目標が6つありました。



8月8日、この日はなにを隠そうちまきの月誕祝いの日。

ありすさん宅からお迎えして3ヶ月目の日(生誕4ヶ月目)



すまん、ちまき。



今日しかないのだ。



曇りのない晴れの日は、もう今日を逃してはなかなか難しいのだ。




バナジウム水たっぷり用意。

ペレットたっぷり用意。

本宅も綺麗にお掃除して、お薬w/dも早めに食べていただいた。







そんな切ない瞳で見るなよう(´・ω・`)



お土産話たくさんしてあげるから、と自分に言い聞かせ


8/8、夜19:30自宅出発。





夜の高速道路はすいている。


先日免許切り替え行い


3年前の60日免停が現在もう影響していないことを知った旦那は飛ばす。




1時間後目的地到着。






最初の目標、なら燈花会


なら燈花会:浮雲園地会場


暗い奈良公園の芝生の上に、何千のろうそくが置かれている。

明かりがろうそくの火なだけに、ゆらゆら揺れてとてもきれいだ。

白い陶器の筒のなかにろうそくが入っている。

なら燈花会:浮雲園地会場


青色や赤色の筒に入っていると、こんな感じになる。



旦:何千本ていう数のろうそくに毎日火つけなあかんのやろ。

嫁:大変やなぁ

旦:時給もらっても絶対イヤや。



平日の夜21時にもかかわらず、結構な人出だ。

浴衣姿の若いカップルもたくさん来ている。

家族連れの方も多かった。



この方も多く徘徊されていた。







シカ(;゚Д゚)

鹿と私の尻



そう、ここは奈良公園。


夜とは言えど、彼らの天下であった。



なら燈花会は8/15まで開催中。

時間の無い方は、浮雲園地・春日野園地だけでも十分満足できます。

時間のある方は、浮見堂の鷺池で手漕ぎボートに揺られながらお楽しみ下さい。


21:45に終了できるよう、ろうそくの長さが調節されているようです。


ぐるっと歩き回り、21:50頃最後の興福寺会場に着いた。






ろうそくが無い( ̄□ ̄|||

五重塔


こんな感じで美しいハズなのに・・・



「いやぁ〜、お疲れさんでした」


ボランティアの方々がろうそく筒を撤収した後だった。




そう、こんな美しい風景が楽しめるのも

15時頃に集合し、毎日数千本の筒を立てて

22時前に全ての筒を撤収してくれるボランティアの方々のおかげなのだ。




『時給もらってもイヤ』と言った旦那も片付けてやって下さい( ̄^ ̄;)




夜22時過ぎ、奈良を出発。


深夜の道をひたすら走る、走る。




目指す目的地は大台ケ原

一昨年の秋、紅葉見に行って以来の大台だ。




今回訪れる目的は、もちろん紅葉ではない。





自然の星空である。





先日プラネタリウムで癒された夫婦は


自然の星空を満喫したい衝動に駆られてしまった。


大阪近辺では天の川見れる場所なんてない。


そこではるばる3時間かけて三重の山奥までやってきたわけだ。




大台ケ原への道のりは厳しい。


国道をそれると人工の光が全く無い道を数十キロ走る。

車のヘッドライトを消すと漆黒の闇と化す。

しかも細い急な坂を上っていかねばならない。

車やっと一台通れる道の脇ではがけ崩れがたくさん起こっている。





奈良を出発してかれこれ3時間。


もうそろそろ大台ケ原山頂駐車場に到着するはず。




いくつカーブを曲がっただろう。



四国八十八ケ所巡りの道中はこんな感じなのだろう。






旦:何か光った(;゚Д゚)


道脇の茂みに小さな光が2つ光ったらしい。



お化けはイヤだ、心霊現象も御免だ。



バックミラーを見ると真っ暗で何にも見えない。


後部座席すら見えない。




旦:また光ったァ(;゚Д゚)




もう怖くて目を開けてらんない。


駐車場に到着すれば、数台の車が泊まっているはず。



早く、早く着きたい・・





90度近いカーブをぐるんと回った。




旦:あぁ。。光ってるよォ・・(;゚Д゚)





私は目を開けません。








旦:あれ?シ、シカでした・・・( ̄□ ̄;)



ヘッドライトに照らされた、茶色の物体は

はむはむと何かむしゃっている。




小さな二つの光はこいつらの目だ(´・ω・`)



こんな会話をどこかで聞いたような気がするが

実際に同じ目に遭ってしまった。




大台ケ原は野生シカの宝庫だったことを思い出した。



上には満天の星が楽しめ

前にはシカの目の光が楽しめる




深夜1:00、駐車場に到着すると15台ほどの車が泊まっていた。


皆さまを起こさぬよう、ライトを消して駐車場の端っこに停まる。



気温23度、かなり肌寒い。

フリース上着を持ってきて大正解だった。



空はどうだ、雲は少ないはず。




天然のプラネタリウム最高(  ̄∀ ̄ )





大阪の夜空は嘘っぱちだ。


星が集まって川っぽくなっているのがぼんやり分かる。


星がありすぎて星座がよくわかんない。




レジャーシートを敷き、おにぎり・缶詰焼き鳥・ビールを用意。

星を見ながらの遅い晩御飯を堪能する。




星と星の間に、スーーーーっと線が引かれた。






ふたつめの目標、ペルセウス座流星群


毎年夏に見ることの出来るペルセウス座流星群

去年は大阪で楽しんだが、ココは見える頻度が違う。

運がいいことに月も出ていないし、雲もかかっていない。



2,3分おきに流星が流れる。


2時までの1時間で20個ほど見ることができた。




もっと見ていたいが明日は4時起床。

下手すると徹夜になってしまう。



大台ケ原山頂駐車場には24時間使えるトイレがある、ありがたい。

ビールも二缶開けると、そわそわもよおしてくる。



懐中電灯片手にトイレへ急ぐ。




『お一人さま一回100円の寄付お願いいたします』



滞在中、全部で600円寄付させていただいた。



今年のペルセウス座流星群の極大(最も多く見えるピーク)は
8月13日の明け方02時前後〜04時30分頃だそうです。

まだ当分の間楽しめるので、都会からでも見えるかもしれませんね。





AM4:00、携帯のアラームが鳴る。

車の中で寝ついてからまだ2時間しか経っていない。



夜空を見上げると若干白んではきているものの、星はまだたくさん見える。

冬の星座、オリオン座がやっと見ることができた。



ああ、この星座だけは分かり易いなぁ。



と眺めていた4:15。



東の夜空から北の夜空に向かって大きな星がゆっくり移動している。



旦:アレ、流星じゃないやんなぁ。

嫁:飛行機?

旦:光が点滅してへんから違うっぽいで・・



オリオン座の間をス〜〜〜〜〜っと移動している。



さんちんやまぶが空を走っているように見えた。




帰宅後ココで調べてみたら、あの光はスペースシャトルだった。

8/9AM4:15の軌道(黄色い線がシャトルの軌道)

着陸延期していなかったら9日朝にはもう空には飛んでいなかった。




なんて偶然、なんて幸運。



4:30、急いで駐車場から日出ヶ岳を目指して歩き始める。


明るいと登山道入り口にはこんな看板が見えるが、夜は見えない。

一昨年の秋、撮影


もちろん辺りは真っ暗だから懐中電灯持参。

一昨年秋に一度歩いた道だから、暗くても怖さがない。


こんな道を30分ほど歩く。

一昨年の秋、撮影


日出ヶ岳山頂に着くと、お父さん+僕のお二人だけいらっしゃった。


雲海もだんだんはっきり見え始めたAM5:00

日出ヶ岳より北を臨む



みっつめの目標、日出ヶ岳の御来光


ありがたい・・・


お父さんと僕は朝日を見ながら

携帯コンロで沸かしたコーヒーを飲んでいる。


なんて贅沢な夏休みを送っているのだろう。

USJやTDLへ行くよりよっぽど記憶に残るに違いない。



大台ケ原といえば大蛇

この写真はお借りモノ


2時間歩けば到着できるのだが、一昨年行ったから今回は行かない。

青丸:駐車場  赤丸:日出ヶ岳  緑丸:大蛇
s-IMG_3365.jpg




駐車場へ戻り、お昼まで爆睡する。




10:00起床、開いていた売店でアイスをほおばる。

次の目的地へと車を走らせる。





よっつめの目標、洞川温泉


ちょっと遠いが、十津川温泉・龍神温泉・川湯温泉など有名どころが多いのに

何故とってもマイナーな洞川温泉(どろかわおんせん)を目指すのか?






マイナーだと温泉が空いているから(´・ω・`)




たまの旅行だ、人ごみなんてまっぴら御免だ。

ゆったりした湯船でのんびり楽しみたい。




洞川温泉センターを目指し、ひた走る。



行者還トンネルという難所が近道になっている。

秋は紅葉がとても綺麗なところらしい。



車が双方通行しにくい細い道を走って行かねばならないのだ。


細く、曲がりくねった急な上り坂をまたまた我慢しなくてはならないのだ。




大台ケ原ドライブウェイを下りると、山間部の道路情報が掲示されていた。



『行者還トンネル、災害の為通行止め』




トンネル通行止め( ̄□ ̄|||




旦:洞川温泉へ行けない・・・・




どうしても日帰り温泉に入りたい。


昨夜の酒臭さが残り

早朝のハイキングの汗臭さが残り

さらに、車中泊の寝汗がべっとりだ。




急遽、目標変更。





(真)よっつめの目標、上北山温泉


HPでは11:00〜となっているが、実際は13:00〜になっている。

オープンまでの間、河原で水遊びをして時間をつぶす。



温泉は小さく、10人も入れば窮屈か?

平日のお昼ということもあって、露天風呂も独占させていただいた。



足が伸ばせるお風呂っていいなぁ〜


トンボとトンビを眺めながらゆったり温泉を楽しめた。



14時、次の目的地へ向け出発。


トンネルが通れない為、かなりの遠回りをしなくてはならない。



崖からの落石


道脇のがけ崩れ


細い道でのダンプとのすれ違い



数々のアトラクションをイヤイヤ楽しんだ後、トイレ休憩。




道の駅:十津川郷


足湯で疲れを癒しつつ、そば饅頭で腹ごしらえ。

足湯



この足湯、とってもぬるい。


足湯ってぬるいものなのだろうか?



日も傾き始めた、次の目的地へ急ぐ。






いつつめの目標、谷瀬の吊り橋

谷瀬の吊り橋



さすが日本一の吊り橋だけあって、高い、長い。


『20人以上は一度に通らないで下さい』と看板には書いてあるし

HPには通る時に監視員に注意させると書いてあった。






監視員部屋は空(;゚Д゚)



明らかに20人以上は橋の上に居る。

悪ガキが橋の上を走っている。



歩くと板がギシギシ音を立てる。

橋が横に揺れる。


こんな板だけじゃヤバイって(ノ`△´)ノ

厚さ2センチくらいしかないって(ノ`△´)ノ

モロそうな板



はるかかなた下の川では、子供たちが元気に泳いでいる。

気持ちよさそう



下を見続けると、飛び降りたくなる衝動に駆られるのは何故!?



無事、反対側に渡りきる。

渡りきるのに約10分





帰宅する為にはまた渡らねばならない。






揺れ具合を皆さんもお楽しみ下さい(板がきしむ音声付)





ココではこんなイベントもあるらしい。





揺れ太鼓

荒々しいイベント


荒々しい男たちが

日本一の吊り橋で行う大エンターテイメントである。


動画発見( ̄m ̄〃) ≫Takemaのあっちこっち旅日記さま





日が傾く中、次の目標へ急ぐ。






最後の目標、ちまのお世話



無事に帰宅せねば誰が彼のお世話をするのか。


腹をすかせているであろう、ちまきのために帰宅を急がねば。




途中、堺・神座でラーメンをほおばる。

すまん、ちまきよ。

空腹では帰宅できんのだ。


数年ぶりに神座のラーメンを食べたが、昔はもっと美味しく思えた。

歳を重ねたせいか?

相変わらずの具沢山で腹は満たされた。





帰宅後の砂の状態。

ちっこだらけ


お留守番ハム、ご苦労さま。



  頑張ろうハムスターブログ 
COMMENTS
道中記、面白いね!
・・あのおっかないつり橋はお金を百万円積まれても
渡りたくないですな。
揺れ太鼓・・どんなイベントなんでせう?
うちの地元の布団太鼓も荒々しい男の祭りですぜ。
| 茶娘 | 2005/08/12 11:17 PM |
おはようさんです、はむははです。[びよ〜ん]

なら燈花会、きれいねぇ。[拍手]
電飾じゃないのね。すべてろうそくということが幻想的ね。
ボランティアが数千人いたら一人1本。なんちって。

わたしは、絶対にそのつり橋は渡らないっ![わお]
横断歩道橋を渡るのさえ恐くて仕方がない高所恐怖症なのに、
信じられない〜![ぐすん][ぐすん]
そういえば、水どうでもつり橋を渡ってたよね、
何だったかな?絵葉書の旅か、サイコロか?
荒々しい喧嘩太鼓(ちょっとちがう)は地面の上でやってください。[ぐすん][ぐすん]

「シカでした」わははははは〜![けけけ][けけけ]
光るのねぇ、本当に。防御マットはなかったのかな?

流星群、いいわねぇ。
スペースシャトルも見えて、お得だったわね。
しかし、フリース! 今の時期に![わお]

ちまくん、お留守番ご苦労さん。[kiss][kiss]
| はむはは | 2005/08/13 08:30 AM |
>茶娘さん、こんちゃ〜[うぃんく]

百万円くれ[ぷんぷん]
くれたら何回でも渡ってやるで[kiss]

揺れ太鼓の動画見る限り、叫んで太鼓叩くだけのようね。
見るの簡単だけど、やるの大変よ。アレ。


>はむははさん、こんちゃ〜[うぃんく]

燈花会はたまたま買った週刊誌で知ったのよね。
大台行く方面だから、ついでにと。
あんな綺麗だとは思わなかったわ[ぽっ]

吊り橋は宮崎ね、絵葉書の旅だったかしら[きょろきょろ]
下から見上げて「おぉ〜い」とやろうとしたけど
あまりの高さに断念したわ[が〜ん]
高さは我慢できるんですけどね
薄い板の上を歩いていることが恐怖心をそそるのよね[焦っ]

シカ事件はちょこっとどうでしょう脚本しちゃってますが
「シカでした〜〜」っと叫びながらの道中でござんした。
知床行った時もたくさんいましたよ[けけけ]

星は北が一番綺麗に見えると思うわ。
一周した時はほとんど晴れの日がなくて
北海道の夜空を満喫できなかったのね[ぐすん]
それだけが悔いだわ〜〜。

揺れ太鼓の叫び声は、何度聴いてもにょうさんに聞こえてしまうわ[けけけ]
| sannta | 2005/08/13 03:47 PM |
こんばんわ〜〜〜。
旅行記、おもしろかったです[拍手]
昼間でかける前に夢中になって読んじゃいました(笑)
自然満喫の旅、うらやましいです[ハート]
長いこと満天の星空も見てないので、すっごく見たくなってきてしまいました。
ただ、つり橋だけは、茶娘さん同様あたしも渡れませぬ・・・。
高所恐怖症なので、1億円あげると言われてもきっと無理です(>_<)
ヒトが渡っているの見ているだけで震えそう…。
揺れ太鼓の動画は、そういう意味では、かなり衝撃的でした^^;
| dede | 2005/08/14 01:22 AM |
>dedeさん、ばんちゃ〜[うぃんく]

自然の天の川見たの、ン十年ぶりでしたので
感動でございました[ぐすん]
近場の少旅行でも十分満足できました[ばんざい]

この橋の中央で、バンジージャンプ大会あったら
さすがに一億円くれても参加できないかな[焦っ]

太鼓祭りはナマで見たかったなぁ、惜しかったです[焦っ]
| sannta | 2005/08/14 08:00 PM |

comment form
 
 
 



ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


※コメント送信時のご注意
非公開受付になりますので、コメントはすぐに反映されません。
管理人が確認した後でなければブログ上には公開されません。
公開されたくないコメントの場合、文の最後に「非公開」と記載お願い致します。
 
 
 


愛ハム診断 愛ハム診断

栄養成分比較表 栄養成分比較表

ハムスターQ&A ハムスターQ&A

病気サイトマップ 病気サイトマップ